シドニー 8月 服装シドニーに私たちが行った8月13日~15日はとても気候が良くて、最高の3日間でした。

6月とかは大嵐が来ていたみたいだし、その前も雨がよく降っていたので、3日とも大晴天で、オペラハウスからブルーマウンテンまで大満喫の3日間でしたね。

8月の服装なのですが、日本は夏休みですが向こう(オーストラリア)は

メルボルンよりはシドニー暖かいと妹に聞いていたのですが、私たちがいた時は20度ぐらいはありました。
これにはびっくりです。メルボルンではコートやダウンジャケットが行ったのですが、シドニーはこのときに限ってはあまりの晴天でいらず。

どんな格好かというと、ユニクロのヒートテックにロングTシャツとか上は薄手の長袖一枚で下はジーパンとかキュロット&タイツ。
朝、夜、風がふいているところは、パーカーを着るという感じでしたね。

娘も、トレーナーとジーパンとか短パン&タイツみたいな感じで、寒いところでは、ポンチョきてました。

町をあるけば、上の写真のように半そでの現地の人もいたりしてw(さすがに半そではやりすぎでしょうが・・・しかも大体男性 笑)、写真の奥にいる人を見てほしいのですが、あったかい昼間は長袖一枚とかパーカー、カーデガンでOKでしたね。

ほんとシドニーの8月の私達が行ったときは春のイメージでした。

ガイドブック情報

シドニー最高気温17.8度
シドニー最低気温9度

ガイドブック(aruco)ではこんな感じなので、特に3日あったかかったみたいです。ブルーマウンテンの観光ではさすがに寒く、ダウンジャケットが役に立ちましたが、昼間は薄着でOKで夜に備えて羽織るものが必要というかんじですね。

シドニーの7月・8月の服装 まとめ

冬でも暖かい日もあるシドニー。
天気予報で気温をチェックしましょう!
私達は天気がよく春のような服装をしていました。
夜は急に冷え込むのでパーカー、カーディガンなど上に羽織るものが必要。
ブルーマウンテンなど山や高いところにいくならダウンジャケット必須。

服を念のため持ち運びたくても邪魔になるときに大活躍したのが衣類圧縮袋です。入れてくるくる回して空気を抜くだけなので超便利でした!スーツケースに衣類を入れるときにも役に立ちました。

気温差に注意です。ちなみに日焼け止めは絶対しましょう!日差しが冬でも強い!

記事が役に立ったらクリック!役に立たなかった人は他の人のブログをチェック!
にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ  
スポンサードリンク