オーストラリア旅行に持っていくものをリスト化してまとめました。参考に荷造りしてみてください。

貴重品

  • パスポート
  • ビザ(ETASビザ)は控えはないけど、観光でも必ず申請しておく必要あり)
  • 航空券の控え ジェットスターならメールで届く旅程表 (ご予約番号 ○○○)を印刷して持参
  • クレジットカード できれば2枚
  • 現金
  • 海外旅行の保険証書

現金の参考に:オーストラリアドルの両替 お得なのはどこ?

  • 普段着
  • おしゃれ着
  • 下着
  • パジャマ
  • 靴(山歩きする人は歩きやすい運動靴も)
  • 大判ストール(飛行機等の寒さ対策や急な日差し対策)
  • オーストラリアの旅行に持っていくもの 服装編

    洗面用具

    化粧品
    歯磨きセット
    シャンプー
    タオル
    トイレットペーパー
    液体は100ml以上は国際線は機内持ち込みが禁止なので100ml以内になるように入れ替えてまとめてジップロックにいれること

    その他

    薬(厳しいらしいのでパッケージのままか、持病の薬は英語表記を用意)
    雨具(メルボルンはよく雨が降るので必須)
    生理用品
    時計
    電卓
    カメラ
    充電器
    モバイルバッテリー
    変圧器
    スマホ
    使い捨てスリッパ(ホテルに泊まるなら特に必要)
    スーツケース重量計(あると便利)
    夏なら日焼け止め・帽子・水着・サングラスなど
    流せるティッシュ
    ウェットティッシュ

    特に観光で役に立ったもの

    スマホ
    ポケットwifi
    モバイルバッテリー

    この3点セットですね。フリーーワイファイは街中やホテルなど意外に多いですが、ポケットwifiさえあれば、いつでも使えるし、観光で好きなところにいけるし、グーグルマップも使えるし、本当に便利でした。充電がきれても安心なようにモバイルバッテリーも必須です。
    私はAnkerのモバイルバッテリーを持っていきました。余談ですが、モバイルバッテリー(リチウムイオン電池の場合)はスーツケースに入れてはいけません!
    手荷物で持って飛行機に持って入らないと、呼び出しがかかって、スーツケースの中から取らされるようです。よく呼び出しかかってました。

    衣類圧縮袋

    大活躍したのが衣類圧縮袋です。この下のやつは、入れてくるくる回して空気を抜くだけなので超便利でした!スーツケースに衣類を入れるときにも、気温が読めなくて、服をかばんに入れて持ち歩きたい時や汚れた服を持って帰るようにもすべて役に立ちました。

    他にも思い出し次第追記します。

    記事が役に立ったらクリック!役に立たなかった人は他の人のブログをチェック!
    にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ  
    スポンサードリンク